愛知県知立市にあるリフォーム店です。知立市近郊のリフォームはアールイー・ホームにお任せ下さい。

株式会社アールイー・ホーム
愛知県知立市長篠町丸山16-35
TEL:0566-81-9778
FAX:0566-78-2521
T様邸_全面改装工事

築18年の純和風木造住宅をリフォーム 家族が集う素敵な空間に

愛知県安城市 T様邸
リフォーム箇所 キッチン、ダイニング、リビング、浴室、洗面、トイレ、その他
ヤマハリビングテック採用商品 キッチンBerry
カップボード Berry
バスルーム Beaut PREMIO
自然の風と光を取り込み、子どもたちがのびのびと育つ大らかな住まいを描いて
クリニックを開業しているT様邸はご夫婦とお子様2人(小学生、幼稚園児)の4人家族。
築18年の中古住宅を購入し、全面的にリフォームすることにしました。
純和風の木造住宅は重厚感があって堅牢な反面、外の光が部屋の隅々まで届きにくく、暗い印象でした。
そこで自然の光と風を感じるようプランニングし、元気よく走り回るお子様たちの姿を安心して見ていられるような、ゆとりに満ちた間取りを目指しました。

まず、家族が集うLDKは十分な広さと天井高を活かして開放感あふれる空間に。
当初、吹抜けも検討しましたが、屋根を高くすると部屋が暗くなってしまうため、明るさを優先して部分的に梁を見せた天井を採用しました。
窓の位置を工夫したり、天窓を設けて自然光をふんだんに取り入れ、壁と天井は白で統一。
コーナーにあったキッチンを移動し、いつも家族の姿が視界に入るオープンキッチンに変更。
既にヤマハ製品をご愛用の奥様は、人造大理石の質感がお気に入りで、ショールームに何度も足を運んでカラーを厳選されました。
キッチンの扉色は、上品な栗皮色を選択され、白い壁と明るいフロアに映え、絶妙なコントラストで空間を引き締めています。
また、照明にもこだわり、梁に灯りを取り付けたり、ダウンライトを採用し温もりとやさしさを演出。
シーンによって使い分け、同じ空間でも多彩な表情を楽しむことができます。

和の趣が漂うトイレ、ホテルのような洗面室半地下、畳フロア、ロフトの3層構造も魅力
水まわりは使いやすさとお手入れのしやすさを追求する一方で、デザイン性にもこだわりました。
注目すべきはまるで高級旅館のようなトイレ。
解体時に出た廃材を再利用して間仕切りの床柱と飾り障子をしつらえ、和の趣が漂う素敵な空間に仕上げています。
また、洗面室には人造大理石カウンターをオリジナルで造作。左右の大きな鏡に取り付けた間接照明がやわらかな灯りを放つとともに、背面には大容量の収納棚を設置し、洗面カウンターがいつもきれいに片付くよう工夫しています。浴室にはヤマハのBeaut PREMIOを採用。
「ミストサウナでリラックスするバスタイムが楽しみ」と奥様はご満足の様子です。

ご主人のご希望で和室を改装したホビールームも見逃せません。ここは半地下+畳敷きフロア、さらにワンステップ上がってロフトという3層構造。
半地下の窓の向こうに愛車が並ぶガレージで、ガラスのショーケースと埋め込み収納棚を備えた秘密基地のようなホビールームが忙しいご主人のプライベートタイムをゆるやかに包みます。
目指したのは早く帰りたくなる家、時が経つのを忘れてくつろげる家、家族で過ごす時間が愛しく感じられる家。お子様たちの元気な笑い声が響くT様邸では、今日もみんなでキッチンを囲み、一家団らんの楽しいひとときが生まれています。

LDK

天窓と梁を見せた天井が空間の広がりを感じさせるLDK。
存在感のある栗皮色のキッチンを真ん中に。

半地下、畳フロア、ロフトの3層構造

ホビールーム

半地下にあるホビールームはご主人の秘密基地。
窓の向こうはガレージで、愛車を眺めることも。

トイレ

床柱や飾り障子をしつらえたトイレ。
手洗いのカウンターや洗面ボウルにもこだわっています。

洗面室

浴室

Beaut PREMIOのワイドバスタブを採用。
ドライ&ミストとアクアライトも付けました。

お施主様コメント

これから先、ずっと暮らしていく家だから、明るさと安らぎを感じる楽しい住まいにしたいと考えました。
キッチンが中心のLDKはコミュニケーションが取りやすく、家事動線もスムーズで助かっています。
以前から愛着があったヤマハのキッチン。
ショールームへ何度も足を運び、LDKの雰囲気に合わせて入念にカラーを選びました。
上品な栗皮色がとても気に入っているので、いつまでもきれいに、大切に使っていきたいと思います。
また、バスルームはミストサウナを付けて大正解。心身ともにリラックスでき、お風呂の時間が待ち遠しくなりました。
小学生の娘と一緒にキッチンに立ちながら、子どもが大きくなっても部屋にこもらず、リビングに集う家族でありたいと願う日々。
素敵なわが家をかなえてくれたみなさんに感謝し、この家で毎日を大切に過ごしていきたいと思います。

このページの先頭にもどる